北海道師範塾規約
第1章 総則
(目的)
第1条  本会は、教育実践の方法や生徒指導など教育に関わる課題について学び合い、研究するとともに、これからの北海道の教育の担い手となる教師を養成し、もって、北海道の教育の充実発展に寄与することを目的とする。
(名称)
第2条  本会の名称は、「北海道師範塾」とする。
(事業) 
第3条  本会は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。
ホームページの管理運用
ニュースレターの発行
定期講座や車座講座等研修の企画、実施
研究紀要の発行
教師ための実務必携の発行
その他会の目的を達成するために必要な事業
第2章 会員
(会員)
第4条  本会は、教師をはじめ本会の目的及び事業に賛同する者によって組織される。
 会員の種別は、次の通りとする。
一般会員
賛助会員
(入会)
第5条  会員になろうとする者は、申込書に必要事項を記入の上、事務局に申し込まなければならない。
(会費)
第6条  本会の会費は、会員の種別に応じ次の通りとする。
一般会員 年3千円
賛助会員 年1万円以上
(退会)
第7条  会員は、会員の意思により任意に退会できるが、その場合には、あらかじめ事務局にその旨を届け出なければならない。
第3章 役員
(役員)
第8条  本会に、会員の内より次の役員をおく。
会長 1名  
副会長 若干名  
運営委員 10名程度  
監事 1名以上  
(役員の選任)
第9条  役員は、総会において選任する。
(任期)
第10条  役員の任期は、2年とする。ただし、再任は妨げない。
 役員は、いずれも無報酬とする。
第4章 総会及び役員会
(総会)
第11条  総会は、役員及び会員をもって構成する。
 総会は原則として年1回、1月に開催される定期講座に合わせて開催する事とし、委任状を含む過半数の出席をもって成立し、次の事項を決議する。なお、総会の議長は、会長が務めるものとする。
役員の選任
前年度の決算及び次年度の予算
その他重要事項
(役員会)
第12条  役員会は、第8条の役員をもって構成する。
 役員会は、次の事項を審議する。
事業計画
決算及び予算
役員の選出
規約の改廃
その他重要事項
(開催)
第13条  役員会は、必要に応じ適宜開催する。
(召集)
第14条  総会並びに役員会は会長が招集する。
第5章 運営組織
(運営組織)
第15条  本会は、円滑な事業運営のための組織として、総務委員会、事務局、並びにプロジェクトをおく。
 プロジェクトは、必要に応じ別途定める。
 総務委員会委員、事務局員、並びにプロジェクトの構成員は、役員、並びに会員の中から会長が選任する。
第6章 会計
(会計)
第16条  本会の会計年度は、原則として毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わる。ただし、教師養成講座にあっては、毎年11月1日に始まり、翌年の10月31日に終わる。
第7章 その他
(その他)
第17条  この規約に定めるものの他、本会の運営に関し必要な事項は、役員会の議決を得て会長が別に定める。
附則
 この規約は、平成30年1月8日より施行する。