中国で爆発的な人気を誇るライブコマースは日本でも流行するのか!?

ライブコマース(Live Commerce)は、リアルタイムで商品やサービスを紹介し、販売するためのオンラインプラットフォームや手法を指します。通常、インターネット上でライブ動画を使用して、商品の実演や説明を行い、視聴者がその場で製品を購入できるようになっています。これは、eコマースとソーシャルメディアの組み合わせとして位置付けられています。

主な特徴や要素には以下のようなものがあります。

リアルタイムのコミュニケーション
ライブコマースでは、視聴者とパフォーマー(商品を紹介する人)とのリアルタイムの相互作用が重要です。視聴者はコメントや質問を通じて直接コミュニケーションをとり、リアルなフィードバックを提供できます。
商品のデモンストレーション
パフォーマーは商品やサービスを実演し、視聴者に対してその特徴や利点を実際に見せることができます。これにより、購買意欲を高め、商品に対する理解を深めることができます。
直接購入の機能
視聴者はライブコマース中に直接製品を購入できるようになっています。通常は、画面上に表示されるリンクやボタンをクリックすることで、購入プロセスに進むことができます。
ソーシャルメディア統合
ライブコマースはソーシャルメディアプラットフォームと密接に連携しており、商品のライブ動画はしばしばソーシャルメディア上で共有され、拡散されます。

ライブコマースは、特にアパレル、化粧品、家電製品など、商品の外観や使用感が重要な場合に効果的です。この形式は、顧客とのインタラクションを重視し、購買体験をよりリアルで魅力的なものにすることができます。

日本におけるライブコマースの需要

2022年時点での情報では、日本でもライブコマースが注目を集めており、一部の企業やブランドが積極的に活用しています。特に、ソーシャルメディアプラットフォームや専用のライブコマースプラットフォームを利用して、商品やサービスを宣伝・販売する取り組みが見られます。

ライブコマースは、他の国々と同様に、商品の実演や詳細な説明、視聴者とのリアルな対話ができるため、これらの要素が日本の消費者にアピールする可能性があります。また、日本のオンラインショッピング市場が拡大しており、これに合わせて新たな販売手法や体験が導入されています。

ただし、流行の度合いは市場の変化や消費者の嗜好によりますので、具体的な流行の予測には慎重さが必要です。ライブコマースが広まる一因として、コロナウイルスの影響によりオフラインでの販売イベントが制約を受け、オンラインでの新しい販売手法が求められていることも挙げられます。

ライブ配信アプリ「17LIVE」

日本で人気のライブコマースアプリとしては「17LIVE」があります。「17LIVE」はイチナナの愛称で親しまれており、日本で最も人気なライブ配信アプリとなっています。

コーポレートサイトに適したCMS「WordPress」

Movable Type、FLUX、BaserCMS、Concrete5など、さまざまなCMS存在していますが、コーポレートサイトの制作においては、WordPressが圧倒的なシェアを占めており一強と言える存在となっております。

CMS開発会社 スタートプレス

スタートプレスは格安でWordPressの開発を行うWeb制作会社です。技術力とコストパフォーマンスに定評があり比較サイトなどでも高評価を獲得しています。

日本でもシェアを拡大するECサイトSaaS「Shopify」

Shopify(ショッピファイ)は、オンラインショッピングプラットフォームおよびeコマースソリューションとして知られています。Shopifyは、ビジネスオーナーや個人が簡単にオンラインストアを立ち上げ、運営するためのツールやリソースを提供します。

「Shopifyがアマゾンキラー」と言われる理由は、ShopifyとAmazonがそれぞれ異なるアプローチでオンラインビジネスを支援しており、Shopifyが中小企業や個人事業主向けに特化しているためです。ただし、これはあくまで一部の言葉遊びや見方であり、ShopifyとAmazonは異なるニーズに応えるプラットフォームであると言えます。

Shopifyが「アマゾンキラー」と言われる理由

中小企業向けの強力なツール
Shopifyは、専門知識がなくても誰でもオンラインストアを簡単に作成できるように設計されています。これは、中小企業や個人事業主がオンラインでビジネスを始めるのに適していると見なされています。
カスタマイズ可能なオンラインストア:
Shopifyは豊富なテンプレートとアプリストアを提供し、ユーザーがオンラインストアを自由にカスタマイズできるようになっています。これにより、独自のブランドやビジネスのアイデンティティを築くことができます。
手軽な支払い処理
Shopifyは様々な支払いゲートウェイとの統合が容易であり、クレジットカードやPayPalなどの支払いオプションをサポートしています。
アプリエコシステム
Shopifyのアプリストアには、様々なアプリが提供されており、在庫管理、マーケティング、顧客サービスなど、様々な機能を拡張することができます。
マーケティングツール
Shopifyはマーケティングツールを豊富に提供しており、顧客を引き付け、ビジネスを成長させるための手段を提供しています。

一方で、Amazonは巨大なオンラインマーケットプレイスとして知られており、商品の直接販売やFulfillment by Amazon(FBA)など、販売者に対して異なるサービスを提供しています。これらは異なるアプローチを取っており、ShopifyとAmazonは異なるビジネスモデルを採用しています。

Shopifyの主な機能

オンラインストア構築
Shopifyは、専門知識がなくても、直感的なインターフェースを提供し、ユーザーがカスタマイズ可能なオンラインストアを簡単に作成できるようにしています。テンプレートやテーマも豊富に用意されています。
支払い処理
Shopifyは様々な支払いゲートウェイと統合でき、クレジットカード、PayPal、その他の支払いオプションをサポートしています。
在庫管理
商品や在庫のトラッキング、管理が容易であり、在庫が減少すると自動的に通知を送る機能もあります。
セキュリティ
Shopifyはセキュリティ対策が施されており、オンラインストアが安全に取引できるようにSSL証明書などが提供されています。
モバイル対応
Shopifyのオンラインストアはモバイルフレンドリーであり、ユーザーはスマートフォンやタブレットからもシームレスなショッピング体験を提供できます。
アプリストア
Shopifyアプリストアには、様々なアプリが提供されており、オンラインストアの機能を追加または強化するためのツールが豊富に揃っています。
マーケティングツール
ニュースレターの作成、クーポンの発行、SEO(検索エンジン最適化)の最適化など、様々なマーケティングツールが統合されています。

Shopifyは、小規模な個人事業主から大手企業まで、さまざまな規模のビジネスに利用されています。これにより、オンラインでの商品やサービスの販売を容易にし、事業者がオンラインプレゼンスを確立する手助けとなります。